リラ演奏古代オリエント、古代ギリシャ以来の弦鳴楽器です。 ギリシャ神話によると、リラを発明したのは若き神ヘルメスとされていますが、この楽器の実際の起源は、南欧、西アジア、北アフリカの各地が挙げられています。 また、古代ギリシャ人がエジプトの箱型弦楽器にキタラ(Kissar,Kithaara)と名づけたことから判るように、リラの元となる楽器が古代ギリシャ文明以前にギリシャの近隣諸国(トラキア、リュディア、エジプト)のいずれかに存在し、そこからギリシャにもたらされたと思われます。弦の数は4,7,10弦など、時期によっても、土地土地によっても異なっており、現在もそれらが制作されています。そして、今日でもギリシャのいくつかの地方では主要な民族楽器となっています。また、この楽器は、シュタイナー教育でも頻繁に用いられ、この場合は「ライアー」または「ライヤー」と呼ばれています。 近年、宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」を、この楽器の伴奏で木村弓さんが歌い、この美しい調べを一躍有名にしました。

2012年10月25日よりクレジットカード(PayPal)でのお支払ができるようになりました。
クレジットカードでのお支払は、支払方法でクレジットカートをご選択頂き、次ページの「今すぐ購入」をクリックして下さい。PayPalのページが開きます。
PayPalのアカウントをお持ちの方はログインして決済をお済ませ下さい。
PayPalアカウントをお持ちでない方は、クレジットカード番号等必要項目を入力して、決済をお済ませ下さい。
※ご利用可能なクレジットカード:JCB、VISA、Master、AmericanExpressとなります。
 

ペイパル - あなたのカード情報、守ります。|Mastercard,VISA,American Express,JCB

たて琴リラを教える講師を目指す方の相談も承っております。

希望される方はリラ工房の松浦までご連絡をお願いします。

TEL  090-6118-0777   mail   matsuura@mg21.net

 

リラ工房では、購入いただいた25弦リラの無料点検を行っています。

(往復の送料はご負担をお願いします)

特に3年以上経過した楽器は弦の劣化などで、音色が変化することもありますのでご検討をお願いします。

なお、点検後、有料での弦交換やバージョンアップを含む修理など希望される場合は、お見積もりをさせて頂きます。

結婚式で、卒業式で、耳にしたこの曲はバイオリンの3重奏、、?

あの曲を林恵理子さんが編曲してくれました

曲名は、パッヘルベルのカノンです。

この名曲を25弦リラで奏でてみましょう。

楽譜販売ページで購入できます。

 

 

リラ工房松浦楽器がサイトリニューアルを行いました。

お客様にご利用して頂き易く、大きく変更いたしました。ぜひ皆様にご利用して頂きますようお願い致します。

リラ工房松浦楽器では、1台1台丁寧に手作りした国産の弦楽器竪琴リラ(ライアー)を製作販売。
国内では良質なリラ(ライアー)はまだまだ手に入りにくく高価ですが、リラ工房では国内手作り生産で、多くの竪琴愛好家にご使用頂けるようお求めやすい価格で提供しております。

 

教育機関でも使用されているこの楽器の癒しの音色は、多くの方を魅了しています。

独奏楽器として、またアンサンブルとして幅広く使われているリラ(ライアー:竪琴)は、お子様の教育楽器・中高年の方が趣味ではじめられる方も多いです。
趣味ではじめられる方にはもちろん、演奏会用として、教室でのレッスン用として、お気軽にご利用頂けるような価格設定にしております。
さらに、はじめての方にご好評を頂いております個人レッスンの提供や、チューニングなどのサポート体制も充実させておりますので、 リラ(ライアー:竪琴)をはじめてみて下さい。